ワードプレス運用方法・詳細設定編(さくらのサーバーライトプラン)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前の記事でもさくらのサーバーで
いちばん安いレンタルサーバーのプラン

「ライトプラン」でのワードプレス運用方法について書いたんですが、

コメントにて読者様からご質問をいただきましたので、

今回はより詳細なライトプランでの
ワードプレス設定方法について解説していきます。

ザックリとした解説の方はこちらの記事を参考にしてください
→さくらのサーバーライトプランでもワードプレスを使う

データベース使えないレンタルサーバーは「sqlite-integration」ってプラグインでなんとかなる!

wordpress-sqlite-integration2

通常ワードプレスに必要なのは「データベース」というものなんですが、
レンタルサーバーの格安プランだとサーバーが重くなるので

「DB不可」とか「ワードプレス不可」とかなっています。

しかし小規模サイトを作りたいときなどは
とくに大きな容量のデータベースは要らないので、

ワードプレスのプラグインを使い
仮想データベースをレンタルサーバーに突っ込んで、

なんとかワードプレスを動かそうぜ!って方法が
「プラグインのsqlite-integrationを使う」なんです。

中規模サイト、大規模になるかもしれないサイトを作る予定であれば、

この方法はあまりオススメできません。

なぜかというと、
仮想データベースのファイルが重くなってしまい
サイト自体の表示が重くなったり
ワードプレスが不安定になる可能性が高いからです。

そうはいってもDBなしでワードプレスを使ってみたい!
って場合は以下の詳細設定を参考にしてみてください。

sqlite-integration×ワードプレスの詳細設定

wordpress-sqlite-integration3Sqlite-Integrationの設定概要

ワードプレスをzipからすべて展開してプラグインも解凍して
ワードプレスのプラグインフォルダに入れます。

さくらのサーバーの設定・ワードプレスの初期設定
ひと通り終えた状態で

FTPソフトかウェブブラウザでの
ファイルマネージャーにてアップロードして完結させます。

Q.FTPでワードプレスをアップロードしたけどログイン出来ない

これだけでは設定環境がよくわかりませんがおそらく
アップロード前の「wp-config」を設定し忘れているかと思います。

ワードプレスの
「wp-config.php」というファイルを作成しなければログインできません。
なのでアップロードする前にしておくことを解説していきますね!

sqlite-integrationでのワードプレス!FTPアップロード前にしておく設定

sqlite-integration1wordpress > wp-content > pluginsフォルダの中に
sqlite-integrationをフォルダごと突っ込んだら、

sqlite-integrationフォルダの中にある
「db.php」というファイルを上の階層の
「wp-content」に複製(コピペ)します。

sqlite-integration2wordpress > wpconfig-sample.phpを
メモ帳などのテキストエディタで開いて
認証用ユニークキーを編集して
「wp-config.php」に名前を変更します。

sqlite-integration3認証用ユニークキーの調べ方は、
お使いのブラウザーから
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/
アクセスすると自動で発行されます。

そうそう!忘れてましたが

ワードプレスサイトの
管理者用ページにアクセス初回時は

wp-loginではなく、自サイト/wordpress/wp-config.phpだったと思います。

最初に管理者用のIDとパスワードを設定しないといけませんからね。

こんな感じでちょっとややこしいかもしれませんが、
小規模サイトの作成をワードプレスで。

しかもデータベースなしでもプラグインを導入することで
運用できるようにする方法でした(╹◡╹)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ろこひ より:

    ありがとうございます!
    こちらの記事通り設定して普通にさくらのレンタルサーバーライトプランでも動作しました。

    1. 訪問頂きましてありがとうございます。
      お役に立てたようでよかったです^^

コメントを残す