さくらのサーバーライトプランでもワードプレスを使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さくらのサーバーというのは有料のレンタルサーバーで、月額最安値129円からワードプレスが使えてしまう(裏ワザ仕様)レンタルサーバーになります。今回はいきなりマニアックな話ですが、今後アフィリエイトで稼いでいくためには知っておくと便利な知識だと思いますので、参考程度に読んでおいたほうがいいかと思いますよ^^

さくらのサーバーはご存知でしょうか?

sakura

レンタルサーバーの中でもかなり低価格で低コストパフォーマンスを誇るさくらのレンタルサーバー。レンタルのプランはライト・スタンダード・プレミアム・ビジネス・ビジネスプロと5種類あって、順に月額費用が高くなっていくんですけど、ライトプランであれば月額料金が129円なんですよね。(年払いか半年払いかでビミョーに値段が変わってきます)

しかし一般的なインストールではライトプランのさくらのサーバーではワードプレスが使えません。とか言われています。

でもね。。。ちょこっとあることをしてあげれば、さくらのサーバーライトプランでもワードプレスを使うことができるんですよ^^

さくらのサーバー月額129円以外のメリット

さくらのサーバーを契約すると「さくらブログ」というSeesaaブログやみぶろぐのような無料ブログがサブドメインで取得できるんです。そのブログのアカウント数50ブログ!もしも物販系のアフィリエイトをしているのであれば月額129円くらいなら投資できるかと思います。

本題:さくらのサーバー。ライトプランでのワードプレス導入方法

ライトプランではワードプレスや他CMSで使うデータベースというものが使えません。なのでワードプレスだけじゃなくてJoomlaとかMovableTypeといったようなサーバー上で動くシステムが使えない。ってなってるんですけど、コレ。

ワードプレスに関してだけなら、プラグインを入れてあげるだけで問題なく動かせことができます。

データベース無しでワードプレスを運用するのに必要なもの

まずワードプレス本体です。
次にデータベース無しで動かせるようにするプラグイン「SQLite Integration
そしてこれらをサーバーにアップロードするFTPソフト(なくても可)

用意1:ワードプレスをダウンロードしておく

分かる人は上の内容でわかるかと思いますが順を追ってご説明していきます(ザックリ)と、ひとまずワードプレスの本家から日本語バージョンのワードプレスをダウンロードしてきます。
⇒ワードプレス日本語

用意2:プラグイン「SQLite Integration」をダウンロードしておく

プラグインのほうもひとまずパソコンにダウンロードしておく必要があります。ダウンロード元はこちら
⇒ Sqlite Integration

ダウンロードしたモノをドッキングすべし!

ダウンロードしたワードプレス本体にプラグインをあらかじめンストールしてあげた状態でレンタルサーバーにアップロードしないといけないので、ワードプレスをまずは解凍します。ダウンロードした状態だと「zip」とか「tar.gz」になってるかと思うんでパソコン標準搭載の解凍ソフトかインストールしたファイル解凍ツールで任意の場所に展開します。wordpress01

展開したらワードプレスの中に「wp-admin」「wp-content」「wp-includes」という3つのフォルダがあるので、「wp-content」を開いて、さらにその中の「plugins」というフォルダに「sqlite-integration」というのを入れます。wordpress02

sqlite-integrationを入れたら、あとはFTPソフトでサーバーにアップロードするか、さくらのサーバーにある「ファイルマネージャー」を使ってアップロードすれば、データベース無しでもワードプレスをさくらのサーバーライトプランで運用することができます。

ファイルアップロードソフトのFFFTPのダウンロードはこちらからできますよ↓
FFFTP公式サイト

Macの場合はサイバーダックというフリーのFTPソフトがおすすめです↓
Cyberduck公式サイト(日本語)

※win版もあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 高橋 より:

    ログインの方法を教えていただけませんか?
     初めまして。この方法で、さくらのライトプランのサーバーにFTPでアップロードしました。

     その後Word Pressにログインしようとして、ブラウザのURL欄に、http://私のサイトのURL/wp/wp-login.phpを入れました。

     画面が出て、「WordPress へようこそ。作業を始める前にデータベースに関するいくつかの情報が必要となります。以下の項目を準備してください。
     1.データベース名
    2.データベースのユーザー名
    3.データベースのパスワード
    4.データベースホスト
    5.データベースの接頭辞 (1つのデータベースに複数の WordPress を作動させる場合)という画面になり、その左下の「さあ始めましょう」というボタンをクリックすると、画面が変わり、
    「以下にデータベース接続のための詳細を入力してください。これらのデータについて分からない点があれば、ホストに連絡を取ってください。」という文言の後に、上記の1~5の項目を入れて「送信」するのですが、「項目」を入れて画面が変わると「データベース接続確立エラー」になります。
     1~5の項目をいろいろ替えてみて「送信」するのですが、ログイン画面になりません。

     解決方法をネット上でいろいろ探したのですが、ログインできる方法がわかりません。

     しっこく様、申し訳ありませんが、このコメント欄か、別の記事かで、お教えいただけませんでしょうか?
     どうか、よろしくお願いします。

    1. >高橋さん

      こちらの記事にて詳細な解説をしてみましたので参考にご覧ください^^
      http://affiliate-hack.com/wordpress/sqlite-integration.html

  2. 高橋 より:

     新しく書いていただいた記事を参考にしてやってみましたが、できませんでした。
     さくらのライトプランにインストールするのはあきらめます。
     別のサーバーを契約してやってみます。
     ありがとうございました。

コメントを残す