ブルーライトの元をカット!メガネ?フィルムじゃもう古い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近ではテレビやパソコンの液晶モニターだけでなく、
スマホやiPhoneなどなど、ブルーライトを発する
「画面」が当たり前なんですが、

今回はなんと!ブルーライトを発生させている
問題のブルーライトを画面自体からカット!

つまり元からブルーライトを断つことができるようにする。。。

そんな驚きの便利機能ツールについて
ご紹介していきたいと思います。
ちなみに無料でできますので以下の記事を参考に
ブルーライトカットのツールを設定してみてください↓

パソコン(Windows&Mac)・スマホ・iPhone・iPad(iOS)でブルーライトをカットする便利ツールはこれで決まり!

flux_free_soft

今回は手持ちのツール全てにブルーライトカット機能がある「f.lux」というフリーソフトをインストールして、WindowsやMac、iPhoneなどに設定していく手順をご紹介していきます。

各ハードごとに見出しを付けておりますのでf.luxを入れたい機器別に以下を参照してみてください。

[btn_s color=”green” corner=”r” url=”https://justgetflux.com/”]f.luxのダウンロードはこちらから[/btn_s]

手軽にブルーライトカットできるf.luxというフリーの便利ツールについて

f.luxは普段ならガンガンブルーライトを発生させてしまっている
液晶モニターやモバイル端末の画面を、時間別にブルーライトをカットしてしまって、
なるべく目に負担のかからないようにしてくれる。

そんなとっても便利なツールなんです。
しかもf.luxってば!なんと無料で配布してくれていますんで、
ぜひぜひ皆さんにf.luxをば導入していただきたい!

管理人はf.luxを使いはじめてから、
上記のような疲れ目の時のポーズを取ることはなくなりました。

ブルーライトカットf.luxはこんな人におすすめ

  1. モニターを前にしている時間が長い人
  2. ブルーライトを極力カットしたい人
  3. 液晶での疲れ目が気になって仕方ない人
  4. コンタクトでなく、眼鏡をかけている人
  5. ブルーライトカットを気軽に試してみたい人

かなり実践的なツールであることはいうまでもありません。
f.luxの回しもんでもなんでもありませんのであしからず(^_^;)

WindowsにFluxをインストール&設定

Windowsに設定する場合はこちらのベージよりf.luxをダウンロードしてきて
インストールを実行するだけです。
インストールが終わると現在地の設定になりますんで、
グーグルマップなどで現在地の設定をします(大体でOKです)

この地域を設定しておくことで、
日の入り時間を自動で設定してくれて
夜になるとブルーライト(カット)軽減モードに自動で切り替わってくれる
というわけですね。

※遮光カーテンなどで締め切っている場合は常にオンの状態にして
ブルーライトをカットしておいたほうがいいようです。

ちなみに明るさも○○K(ケルビン)で
細かく設定することが可能になっています。

Macにf.luxをインストール&設定

Mac版のf.luxももちろんインストール可能です。
OS 10.7以前のMacは倉庫に入っているので試してませんが、
おそらくインテルマック以降の機種に対応していると思います。

10.9とYosemite(現在の最新Mac OS)では
問題なくf.luxが作動してくれましたよ。
ほんとf.luxサマサマだと感じています。

iPhoneにf.luxをインストール&設定

普段使っている携帯がiPhoneなので(今まではだった)f.luxをインストールしようと思ったら、なんと脱獄仕様のiPhoneじゃないとf.luxはインストール出来ないようです。
たまたまiOSを8.1.2のままにしていたんで、
問題なくiPHoneを脱獄&f.luxの導入が出来ました。

※現在管理人はiPhoneではなく、アンドロイドを使用しているため
標準でブルーライト軽減アプリが入っているのでf.luxはインストールしていません。

ブルーライトカット機能ほんとすごい・・・

今回の記事がお役に立てますと幸いです(╹◡╹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す